真澄は寛文2(1662)年創業。清冽な水と冷涼な気候に恵まれた霧ヶ峰の山ふところ信州諏訪で、諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠した酒を醸してきました。優良な清酒酵母として現在でも全国の酒蔵で使われている「七号酵母」の発祥蔵であることは、私たちの誇りです。

   

季節の酒
純米吟醸 ひやおろし

~酉年のざれごと~

決して向学心に駆られた訳ではないが二年間を米国の大学で過ごした。渡航直後、本名は難解ゆえあだ名をと求められ咄嗟にバードマンと答えたらこれが通称となった。その後いわれを問われる度に「鳥を見るのが好きだから」と応じると、大概「俺もさ」と大笑い。“バード”とは若い娘を表す隠語でもあるのだ。しかしこのあだ名が分厚い教科書に徹夜で挑んでもなかなか及第点に達しない私を救った。なぜか教授陣には川釣りや野鳥観察を好む自然派が多く、先ずは「一緒にどうだ」と野山へ連れ出され、やがて酒食を共にして親交を深め、結果システム優先の国でさえ人間関係がとても重要なことを学んだのだ。そうだ、久々に恩師を訪ね紅葉のワシントン州へ渡ってみようか。自信作のひやおろしを携えて。

2017年初秋
真澄蔵元 宮坂直孝

酒造り

発祥の地・諏訪蔵と、八ヶ岳の麓の富士見蔵。
真澄はこの二つの酒蔵で造られています。
製造工程はいたってシンプル。
熟練した製造スタッフによる「高度な手作業」を重んじています。
「去年よりちょっと美味いと今年も思う」
お客様からそんなお言葉をいただける酒蔵でありたいと、毎年品質向上の努力を続けています。

真澄のこと

真澄の創業は1662(寛文2)年。2012年には創業350周年を迎えました。
今までの350年に賜ったご支援に改めて感謝申し上げますと共に、
次の350年に向け新たな一歩を踏み出した真澄に、
一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

お買い物

1996年、酒蔵の一角に開いた蔵元ショップ「Cella MASUMI」。
2012年春、リニューアルオープンしました。
大きな窓から坪庭を臨むテイスティングルームや
酒器やこだわり食品のコーナーを設けて
「酒のある和やかな食卓」をご提案しています。