七號酵母誕生の地 記念プレート 出麹 麹造り 蔵元ショップ セラ真澄
純米吟醸ひやおろし
MIYASAKA
甘酒
真澄のある食卓(おつまみレシピ)

真澄は寛文2(1662)年創業。清冽な水と冷涼な気候に恵まれた霧ヶ峰の山ふところ信州諏訪で、諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠した酒を醸してきました。優良な清酒酵母として現在でも全国の酒蔵で使われている「七号酵母」の発祥蔵であることは、私たちの誇りです。

   

季節の酒
純米吟醸 ひやおろし

~老年も大志を抱く~

「DO WHAT YOU WANT TO DO!-やりたい事をやれ」。しばらく前にNYのど真ん中とあるビルの門前で目にした大旗の文言がしきりと脳裏をよぎる。仕事人生の幕が見え始めたのにやり残しは山積。今こそ理想の酒蔵像を目指してやりたい事をやっておかねばきっと悔いが残る。と言う訳で品質大躍進作戦と同時に進めているのが、全商品の存在意義やデザインを一から問い直す大仕事。パートナーには敢えて業界とは無縁だが無類の酒好き、和の伝統文化を世界へ発信したいと意気込む女性.若者のチームを選んだ。かれこれ一年、膨大な議論の末に固まった新機軸が真澄の姿をさてどう変貌させるのか、絶妙に熟した山廃純米吟醸ひやおろしを啜りながら、初老の大志は静かに醗酵し始めている。

2018年 初秋
真澄蔵元 宮坂直孝

酒造り

発祥の地・諏訪蔵と、八ヶ岳の麓の富士見蔵。
真澄はこの二つの酒蔵で造られています。
製造工程はいたってシンプル。
熟練した製造スタッフによる「高度な手作業」を重んじています。
「去年よりちょっと美味いと今年も思う」
お客様からそんなお言葉をいただける酒蔵でありたいと、毎年品質向上の努力を続けています。

真澄のこと

真澄の創業は1662(寛文2)年。2012年には創業350周年を迎えました。
今までの350年に賜ったご支援に改めて感謝申し上げますと共に、
次の350年に向け新たな一歩を踏み出した真澄に、
一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

お買い物

1996年、酒蔵の一角に開いた蔵元ショップ「Cella MASUMI」。
2012年春、リニューアルオープンしました。
大きな窓から坪庭を臨むテイスティングルームや
酒器やこだわり食品のコーナーを設けて
「酒のある和やかな食卓」をご提案しています。