大吟醸についてのお知らせ

投稿日: 2021年3月31日

お客様各位

 謹啓 時下益々ご清栄のこととのお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、この度真澄の最上位クラスである大吟醸「夢殿・七號・山花」の三銘柄につきまして、リニューアルを行い、令和3年5月21日より新たな大吟醸としてスタートを切ることとなりました。日頃よりご愛顧頂いております皆様に、これまでの感謝をお伝えすると共に、新大吟醸ラインについてお知らせいたします。

弊社では、平成27年秋より「新時代に寄り添う真澄への進化」をスローガンに、酒質や商品デザインの大改革に着手し、1.商品コンセプトの再検討、2.七号系自社酵母への原点回帰、3.新酒質の開発を進めてまいりました。

真澄の最上位に位置する大吟醸には、それに相応しい品質と味わいが必要と考え、この大きな決断に至りました。皆様に愛されてきた銘柄の改革をすることは、決して容易なことではありませんでした。これまで長きにわたりご愛飲頂きましたこと、ご進物にお使い頂きましたこと、改めて深く感謝申し上げます。

新しい大吟醸ラインは、更に品質を磨き上げ、それぞれの個性と特徴を際立たせると共に、パッケージデザイン、価格につきましても新たなスタートを切らせていただきます。
杜氏、蔵人が精魂込めて造った新大吟醸にどうぞご期待ください。

これまでの真澄の歴史を心に留め、新しい時代に寄り添う真澄として、これからも日々精進してまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
尚、既存の大吟醸につきましては、リニューアル迄の間、引き続き販売いたします。在庫が無くなり次第終了となりますので、是非この機会にお求めいただければ幸いに存じます。

謹白

宮坂醸造株式会社
代表取締役 宮坂 直孝