吉福金寿と料理3点

 

信州の冬にかかせない野沢菜漬け。

今月は野沢菜漬けを使った「あんかけ焼きそば」をご紹介します。

 

一緒に楽しむのは「純米吟醸 吉福金寿」。

焼きそばに吟醸酒とは贅沢ですが、漬物の発酵した香りと旨味によく合います。

ほどよい酸味があって、こってりした食事をさっぱりと味わせてくるのも嬉しいところ。(滝澤ちか子)

 

 

1月の1本

純米吟醸 吉福金寿

ほのかな酸味と、しっかりとした味わい。

山廃造りで醸しました。

 

ご購入はこちら

1月のお料理

野沢菜と豚肉のあんかけ焼きそば

材料:4人分

中華麺(蒸し)4玉
ごま油大さじ2
大さじ3~4

<あん>

野沢菜漬け200g
豚バラ肉の薄切り200g
筍の水煮200g
鶏がらスープ600ml
しょうゆ大さじ3
大さじ2
サラダ油大さじ1
塩・こしょう少々
片栗粉大さじ3

 


1. フライパンにごま油を温め、中華麺と麺全体に水をかけて入れて、ほぐしながら焼き色がつくまで炒める。

2. あんを作る。
① 野沢菜は3cm 長さに切り、水にさらして塩気が少し残る程度に塩抜きする。
バラ肉は3cm 長さ、筍は細切りにする。
② フライパンに油を熱して、豚肉を色が変わるまで炒める。
③ 野沢菜、筍を加えて、さっと炒め合わせる。
④ 鶏がらスープ、しょうゆ、酒を入れて味がなじむまで5分ほど煮る。
⑤ 片栗粉を同量の水で溶き、とろみをつける。
⑥ 塩、こしょうで味を調える。

3.香ばしく焼いた麺にあんをかける。



帆立の春巻き

材料:10本分

春巻きの皮10枚
帆立(刺身用)10~12個(200g)
長ねぎ1/4本
にら1/3束
ごま油・酒・片栗粉各小さじ2
塩・こしょう各少々
揚げ油適量
小麦粉適量

1. 帆立は5mm 角、ねぎは粗みじん切り、にらは1cm 長さに切る。
2. ボウルに1の具とごま油、酒、片栗粉を入れて混ぜ合わせる。
3. 帆立の具を春巻きの皮に包み、小麦粉を同量の水で溶いたのりで巻き終わりをとめる。
4. 180℃の油で揚げる。



辣白菜(ラッパーツアイ) 白菜の甘酢漬け

材料:4~6人分

白菜1/2個(600g)
粗塩小さじ2

<甘酢>

サラダ油大さじ1
赤唐辛子の小口切り1本分
花椒小さじ1
大さじ4
砂糖大さじ2
粗塩小さじ1/2

1. 白菜は一口大に切り、塩で軽く揉み、しんなりとして水があがるまで1~2時間おく。
2. 1の白菜の水気をよくしぼり、甘酢の酢、砂糖、塩を入れて混ぜる。
3. 小鍋に甘酢のサラダ油、赤唐辛子、花椒を入れて唐辛子が焦げないように弱火にかける。
唐辛子と花山椒の香りがしてきたら火を止めて、2の白菜にかける。
4. 全体を混ぜて、味がなじむまで2~3時間おく。