真澄のこと

真澄の歴史

真澄の創業は1662年。
清冽な水と冷涼な気候に恵まれた霧ヶ峰の麓、
信州諏訪で諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠した酒を醸してきました。
その美味は早くから近隣に知られ、
この地で半生を過ごした松平忠輝公(徳川家康の六男)が座右に置いたという逸話も残っています。
しかし真澄の酒造りが大きく開花するのには、
大正の中頃、28歳で杜氏となった窪田千里の登場を待たねばなりませんでした。
全国の銘醸蔵を巡り歩き、試行錯誤を繰り返しながら美酒を追い求めたこの天才杜氏の熱意によって、
真澄は昭和18年全国清酒品評会での第一位を皮切りに品評会で次々と上位へ入賞。
さらに昭和21年、酒蔵から新種の優良清酒酵母「協会7号」が発見されたことや、
時代環境に流されず品質至上主義を貫いたことが重なって、その名は酒通の知るところとなったのです。
真澄の酒造りを一変させた窪田杜氏は、後継者の育成にも偉才を発揮しました。
愛弟子として永年総杜氏を務めた久保田良治は、
師から継承した緻密な酒造りに独自の工夫を加えて真澄の味わいに輝きを与えました。
平成16年の造りから、初の社員蔵人が杜氏となりました。
当時40代前半の若さだった那須賢二と平林和之は、ともに大学で醸造学や微生物学を学んだ新世代の杜氏です。
そして平成25年、数々の品評会で高評価を得、「信州の名工」にも選定された那須賢二を「総杜氏」とし、
諏訪蔵杜氏に平林和之、富士見蔵杜氏に中野淳という体制で新たなスタートを切りました。
「奇抜な個性を売り物にするな。心を磨き、人を育み、米を選んで、本物だけを求め続けろ。」
先人たちが築き上げた真澄らしさを大切に、これからも私たちはただ淡々と歩み続けます。

蔵人切り返し作業

1662年(寛文2年)信州上諏訪において酒造業創始。高島藩の御用酒屋を勤める

真澄の創業

宮坂家のご先祖様は諏訪を治める諏訪氏の家臣でしたが、
戦国時代、諏訪氏・武田氏・織田氏の戦乱に翻弄された末、刀を捨てて酒屋となりました。
諏訪で半生を過ごした松平忠輝公(徳川家康の六男)が座右に置いた、
赤穂浪士の大高源吾が喉越しを絶賛したなどが江戸時代の逸話としては伝わっており、
拝領の盃や遺愛の印籠なども残されています。
「真澄」は江戸後期から使い始めたブランド名。
名前の由来となった「真澄の鏡」は、諏訪大社上社の宝物殿に展示されています。
是非一度ご覧ください。

名前の由来となった「真澄の鏡」
真澄の鏡
拝領の木盃
松平忠輝公より拝領の木盃
印籠
大高源吾遺愛の印籠

1837年(天保8年)火災の厄に会い、事業が次第に衰微

苦難の時代

江戸末期から大正時代までの真澄は全くの貧乏酒屋で、
一家で内職をしたり茶葉を商ったりして生計を立てていました。
明治の一時期には借金の形に酒蔵を差し押さえられる悲哀も味わいました。
大正中期、家運の再興に粉骨砕身した曽祖父が過労と暴飲に倒れると、
残された子供たちは酒屋の廃業を検討。
結局「家庭円満に役立つ酒を造ろう」と決断して、
以後奥様方でも飲みやすい「上品な甘口酒」が真澄のモットーとなりました。
大黒柱を失った酒蔵は火の車。
家業を継いだ宮坂勝(現社長の祖父)は生き残るためには
「日本一の美酒を醸す他なし」
と意を固め、当時20代半ばだった若者を杜氏に抜擢。
ここから宮坂勝と窪田千里の二人三脚が始まります。
真澄酒屋イラスト

1893年(明治26年)酒造業の傍ら、銀行・茶店・石炭販売など様々な事業を行なう

1916年(大正5年)諏訪市内に丸高工場設立、味噌、醤油の醸造を開始

1919年(大正8年)窪田千里、杜氏に就任

宮坂勝と窪田千里の思い出

宮坂勝と窪田千里が掲げた夢は、なんと「日本で一番美味い酒を造ること」。
大胆な夢の実現のため二人は「東に銘酒ありと聞けば取寄せてきき酒し、
西に美酒ありと聞けば夜汽車で見学に行き」という日々を送りました。
広島県西条(現東広島市)の酒屋さん、中でも「賀茂鶴」さんには親身のご指導をいただきました。
祖父は酒が入ると孫たちに「賀茂鶴さんの陰口を言ったら家から追い出すよ」と繰り返したものです。
私が駆け出しの頃、各地の酒蔵へ見学に行くと、しばしば先方の社長さんから
「お宅のじい様と我家の先代は良きライバルだった」「これからも切磋琢磨していい酒を造ろう」
と声を掛けられ、未だに残る祖父の足跡を感じたものです。
永年の苦心の末、真澄が全国品評会で金賞を重ねるようになると、窪田杜氏は諏訪杜氏のリーダーとなりました。
真澄の宿舎には夜な夜な他社の杜氏や蔵人が押しかけ、まるで学校のようだったとか。
醸造試験場の先生が酒蔵へ指導にやって来ようものなら
「下っ端の蔵人までソロゾロ出てきては質問攻めにされて眠れなかった」のだそうで、
真澄へ指導に行くのを嫌がる先生も多かったようです。
一冬の酒造りが終わると窪田杜氏は祖父や父の処にやって来て、
「身を粉にして造った酒だから大切に売ってください」と深々と頭を下げるのが常でした。
当社が販売を専門酒販店に絞って来たのはこのためです。
小学生の頃、祖父・窪田杜氏・壜詰責任者がきき酒しながら激論を戦わせている場面にでくわしました。
日頃温厚な祖父や杜氏の鬼の様な形相は大変なショックで、
今でも私はこの場面をまぶたにありありと浮かべることができます。
宮坂勝は朝9時には会社できき酒を開始。
泥酔して自宅へもどり、5時から再びきき酒、泥酔して就寝という日々を95歳まで続けました。
酒器は試験管と白磁の盃。
酒好きではなく酒に弱い祖父に酒を飲ませたのは、明治人の責任感だったと思います。
味や香りが個性的で、一口含んだお客さんに「これは面白いね~」と言わせるような酒を造るのは簡単。
お客さんの意識から酒が消え、ふと気づくと徳利がごろごろ倒れている。
「そんな真澄を造れ」というのが祖父の口癖でした。
1950年代には小さな酒蔵であった真澄も、お客様方の厚いご愛顧に支えられ、中堅蔵へと成長しました。
しかし、今の真澄の一滴一滴にも
宮坂勝と窪田杜氏が確立した酒造りの精神が染み込んでいると私は自負しています。

集合写真
(後列左から4人目が窪田千里、右から3人目が宮坂勝)

1933年(昭和8年)宮坂醸造株式会社を設立

1943年(昭和18年)全国清酒鑑評会にて第一位受賞

1946年(昭和21年)全国清酒鑑評会にて第一位・二位・三位受賞。吟香特に認められる
大蔵省醸造試験場の手で真澄酒蔵から優良清酒酵母(協会7号)が発見される

1970年(昭和45年)大阪万国博覧会(EXPO’70)に長野県の代表酒として参加

1982年(昭和57年)真澄富士見蔵設立

1999年(平成11年)清酒メーカーとして初めてVINEXPO’99に出展

2001年(平成13年)真澄 富士見蔵 ISO14001認定を取得

2007年(平成19年)酒類事業会社と食品事業会社を分社

350周年

おかげさまで、350周年を迎えました。
今までの350年に賜ったご支援に改めて感謝申し上げると共に、
次の350年に向け新たな一歩を踏み出した真澄に、
一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

特設サイト
ENTER