新たな真澄の定番

フラッグシップライン

これまでの弊社ラインナップのなかでも人気の4種が、
いずれも“7号酵母の酒”として生まれ変わりました。
酒の名はいずれも、日本の伝統色。
日本酒が生まれる景色や味を想起させます。

環境や造り手の想いを柔軟に受け止める7号酵母だけに、
同じ酵母を使いながらも、それぞれの個性が際立だった酒質。
諏訪で生まれた酒は、
この土地の食文化のベースである、山里の恵みと相性よく仕上がりました。

シチュエーションや料理の変化によって、
日々の酒を選ぶ楽しみを。
7号酵母が醸す酒の幅広さ、豊かさを感じていただけますように。

真朱

AKA

乳製品を想わせるほのかな香りと
深みのある味わいが特徴です。

山廃
純米吟醸酒
七号酵母 自社株
五割五分
十五度

詳細を見る

漆黒

KURO

味の調和を大切に醸しました。
透明感とふくらみを合わせ持つ一本です。

純米吟醸酒
七号酵母 自社株
五割五分
十五度

詳細を見る

茅色

KAYA

精米歩合を抑えた信州米で醸し、
米のうま味を素直に表現しました。

純米酒
七号酵母 自社株
七割
十四度

詳細を見る

白妙

SHIRO

2020年発売予定

新たな真澄の季節酒

シーズナルライン

7号酵母で造る酒の、1年を通しての変化を感じるシリーズ。
日本人は、春夏秋冬の四季を愛でて暮らしてきました。
旬の食材や料理を楽しむように、
酒を通じて季節を楽しんでいただきたいという想いを込めました。
同じ酒でも、搾りたての新酒から次第に熟成していくにつれ、
味わいは変化していきます。

季節の移ろいを楽しみ、次の季節を待ち望む。
かつて自然と共に生きていた人々が持っていた感性を体現する酒として、
このシリーズは誕生しました。

あらばしり

ARABASHIRI

2019年発売予定

うすにごり

USUNIGORI

2020年発売予定

すずみさけ

SUZUMISAKE

繊細な夏の食材に合わせ、ほのかな
酸味をアクセントに仕上げました。

純米吟醸酒
七号酵母 自社株
五割五分
十四度
冷酒

詳細を見る

ひやおろし

HIYAOROSHI

2020年発売予定