【 純米 生酒 】 七号酵母仕込みの純米酒に進化、よりピュアになりました。

人気の夏酒が2016年春より純米酒になりました。寒仕込みの新酒を低温熟成。八ヶ岳のふもと・富士見蔵からお届けします。

{ 杜氏より }

7号酵母で正統な吟醸造りをした、という感じの酒です。大吟醸に近い感じの仕上がりで、相当すっきりしていると思います。ちょっと綺麗過ぎるかも知れませんが、軽く飲みやすい酒になっていると思います。

{ おすすめの肴 }

生姜、山葵、柚子胡椒など和風スパイスを使ったもの。

商品名: 純米 生酒
分類: 純米 生酒
出荷時期: 4月~9月に出荷
原材料: 米・米こうじ
米の品種: 長野県産 美山錦、兵庫県加東市山国地区産 山田錦
精米歩合: 麹米55%、掛米60%(全て自社で精米)
酵母: 7号系酵母
アルコール分: 14度
日本酒度: -1.0前後
酸度: 1.4前後
アミノ酸度: 0.7前後
飲み方: ◎冷酒・×常温・×燗酒
保存方法: 要冷蔵

720ml箱入 1,512円
720ml箱無 1,404円
300ml箱無 589円

商品を購入する

{ 制作秘話 }

卒業後百貨店の婦人服売場で修行をしていた現社長が、「これからは酒にも季節性が必要」と感じて取り組んだ季節商品の第一弾。1982年に「本醸造 生酒」として新発売、2005年に「吟醸 生酒」にリニューアル。2016年より「純米 生酒」として新たなスタートを切りました。
発売当時は、発泡スチロール箱に氷や保冷剤を詰めて発送していました。ちょうど冷蔵便が始まった頃で、この流通革新によって全国配送が可能になった酒でもあります。

(3杜氏談)今季から純米になりましたが、経過は順調で今のところ期待できる雰囲気。アル添の酒はある意味味のバランスを調整できる利点がありますが、純米ではそれができないので緊張感がありました。結果的には結構うまくまとまったかなと、割と満足しています。「あらばしり」の純米酒化でかなり勉強させてもらった部分があります。造ってみて、7号酵母の良さ(=飲み飽きしない、派手じゃない)が出せたのではないかと思っています。