【 純米吟醸 ひやおろし 】 古風な「山廃造り」で醸した純米吟醸酒。微妙な酸味を具えた秋の食中酒です。

手間と時間のかかる「山廃造り」で仕込んだ純米吟醸酒を、ひと夏寝かせました。一度火入れのフレッシュさと、夏を越して熟成したまろやかさを併せ持つ「ひやおろし」、秋の味覚を引き立てる食中酒におすすめです。
2016年秋より、壜色を茶色からシックなダークスモーク色に変更。

{ 杜氏より }

昨年はキレのある仕上がりを目指して「美山錦」100%で仕込みましたが、「ちょっと綺麗になりすぎた」(那須総杜氏談)との反省から、今期は麹米を「ひとごこち」に戻しました。そのため少しふくらみのある酒質になっています。(2017.7)

{ おすすめの肴 }

麻婆茄子、きのこのマリネなど秋の食材の料理。さらし葱と辛子を添えた茹で豚などにも。

商品名: 純米吟醸 ひやおろし
分類: 純米吟醸 一度火入れ
出荷時期: 9月9日より発売
原材料: 米・米こうじ
米の品種: 長野県産 美山錦、ひとごこち
精米歩合: 麹米50%、掛米55%(全て自社で精米)
酵母: アルプス酵母
アルコール分: 15度
日本酒度: +1前後
酸度: 1.6前後
アミノ酸度: 1.6前後
飲み方: ◎冷酒・○常温・○燗酒
保存方法: 要冷蔵

1500ml箱無 3,110円
720ml箱無 1,728円

商品を購入する

{ 制作秘話 }

2013年秋に発売した新しい商品。長野県酒造組合の「県内のひやおろしは9月9日発売に!」との呼びかけに応えて、毎年この日に発売しています。おかげ様で人気商品に育ちました。「ひやおろし」の文字は、長野市在住の書家、日詰静琴先生の作品。格調高く、凛とした佇まいの書をいただきました。

(3杜氏談)山廃造りで一度火入れの酒ということで、設備的な制約がある中でいろいろ工夫して造っています。発売当初から好評で、早々に完売するようで有難い。製造側としては今少し、と感じる部分も、お客様には好ましい個性として評価いただいているようで、嬉しい限りです。