金目鯛のちり蒸し

お酒と料理の旨みが重なり更に美味しく。

今月の料理は「ちり蒸し」。白身魚を昆布と一緒に蒸して、旨みをつける料理です。仕上げにポン酢をかけていただきます。蒸した汁には魚や昆布の旨みが出ているので、魚と一緒に食べたり、ご飯にかけてもおいしいです。金目鯛のほか、銀だら、鯛、さわらでも。料理と同じく旨みのある茅色KAYAと合わせて。

材料:2人分

金目鯛
2切れ
しめじ
小1/2株
ほうれん草
1/4束
生姜
1 片
だし昆布
2 枚(5cm角のもの)
日本酒
大さじ2
小さじ1/3
ポン酢
お好みで大さじ2~3

  1. 金目鯛は1切れを半分に切り、塩をふり15分おく。表面に出てきた水分をペーパータオルでふき取る。
  2. だし昆布に日本酒をかけておく。
  3. しめじは根元を切り落として小房に分ける。生姜は皮をむいて千切りにする。ほうれん草は茹でて3cm長さに切る。
  4. 1人分ずつ器に入れて蒸す。器に昆布を 1 枚敷き、金目鯛1切れ分を重ならないように並べ、しめじ(半量)を添え、生姜(半量)
    を散らし、昆布を浸した日本酒(半量)をかける。残りの材料も同様にし、ラップかけて蒸気の上がった蒸し器で、11~13分
    中火で蒸す。
  5. 器を取り出し、ほうれん草を添えて温まるまで1~2分ほど蒸す。
  6. ポン酢をかけて食べる。
合わせる酒

茅色

あえて精米歩合を抑えた信州米で醸し、米のうま味を素直に表現しました。

合わせる酒

茅色

あえて精米歩合を抑えた信州米で醸し、米のうま味を素直に表現しました。

新着レシピ

金目鯛のちり蒸し

お酒と料理の旨みが重なり更に美味しく。

この料理のレシピを見る

茅色

あえて精米歩合を抑えた信州米で醸し、米のうま味を素直に表現しました。

ふろふき大根

寒くなり甘みと柔らかさが増してきた大根に信州味噌をかけて。

この料理のレシピを見る

ひやおろし

山廃造りならではの複雑重厚な味わい。滋味豊かな秋の料理と抜群の相性です。

梨とアボカドとチーズのサラダ

フルーツサラダでさっぱりと。

この料理のレシピを見る

山花

八ヶ岳に咲く可憐な花々をイメージして醸した作品。厳選した山田錦と七号系自社株酵母が生み出す落ち着いた佇まいは海外でも人気です。

夏野菜たっぷりのプルコギ

暑い日にはお肉と夏野菜をたっぷりと。

この料理のレシピを見る

SUMI

その名の通り癖のない澄みきった味わい。バニラを想わせる美しい香りが特徴です。

なすとトマトのグラタン

イタリアの定番、なすのグラタンを手軽なレシピで

この料理のレシピを見る

七號

私たちが生きる信州の風土を表現した作品です。原料米は長野県産のみ。七号系自社株酵母を用い伝統的な山廃づくりで醸しました。

       

あなたは20歳以上ですか? このサイトはアルコール関連のページであり、20歳以上の方を対象としています。