関東風すき焼き

家庭の定番「ごちそうすき焼き」

12月にご紹介するお料理は、関東風すき焼きです。昔から「ごちそう」として親しまれてきた「すき焼き」。鍋で肉を焼いから砂糖としょうゆなどの調味料をそれぞれ加える関西風と、 合わせ調味料(割り下)で肉と野菜、豆腐を煮る関東風があります。 今回は関東風のレシピをご紹介します。信州のすき焼きも昔からこの味。甘辛く煮た家庭の味を、新酒のあらばしりと共にお楽しみください。

材料:4人分

牛肩ロース薄切り肉(すき焼き用)
400g
焼き豆腐
1丁(300g)
しらたき
1袋(200g)
長ねぎ
2本
しいたけ
4枚
春菊
1束
牛脂またはサラダ油
大さじ1
卵(お好みで)
4個

割り下

しょうゆ
60ml
日本酒
60ml
本みりん
60ml
砂糖
大さじ2

  1. 具材を切る。焼き豆腐としいたけ、春菊は食べやすい大きさに切る。しらたきは熱湯でさっとゆでて、食べやすい長さに切る。長ねぎは斜めに切る。
  2. 割り下の調味料を合わせる。
  3. 鍋に牛脂またはサラダ油を温め、牛肉を1/3量焼いて香ばしい香りをつける。
  4. 牛肉を端に寄せ、焼き豆腐、しらたき、長ねぎ、しいたけを並べ、割り下を注ぐ。※牛肉としらたきを並べて煮ると肉が硬くなるので、他の具材を間におく。
  5. 煮立ってきたら残りの牛肉と春菊を加え、煮ながら食べる。器に卵を溶いて、つけながら食べても。煮詰まってきたら野菜の水分で調節し、水を加えずに作るのがおいしく作るポイントです。
合わせる酒

あらばしり

冬の到来を告げるしぼりたて生原酒。鮮烈で迫力ある味わいをお楽しみください。

合わせる酒

あらばしり

冬の到来を告げるしぼりたて生原酒。鮮烈で迫力ある味わいをお楽しみください。

新着レシピ

金目鯛のちり蒸し

お酒と料理の旨みが重なり更に美味しく。

この料理のレシピを見る

茅色

あえて精米歩合を抑えた信州米で醸し、米のうま味を素直に表現しました。

ふろふき大根

寒くなり甘みと柔らかさが増してきた大根に信州味噌をかけて。

この料理のレシピを見る

ひやおろし

山廃造りならではの複雑重厚な味わい。滋味豊かな秋の料理と抜群の相性です。

梨とアボカドとチーズのサラダ

フルーツサラダでさっぱりと。

この料理のレシピを見る

山花

八ヶ岳に咲く可憐な花々をイメージして醸した作品。厳選した山田錦と七号系自社株酵母が生み出す落ち着いた佇まいは海外でも人気です。

夏野菜たっぷりのプルコギ

暑い日にはお肉と夏野菜をたっぷりと。

この料理のレシピを見る

SUMI

その名の通り癖のない澄みきった味わい。バニラを想わせる美しい香りが特徴です。

なすとトマトのグラタン

イタリアの定番、なすのグラタンを手軽なレシピで

この料理のレシピを見る

七號

私たちが生きる信州の風土を表現した作品です。原料米は長野県産のみ。七号系自社株酵母を用い伝統的な山廃づくりで醸しました。

       

あなたは20歳以上ですか? このサイトはアルコール関連のページであり、20歳以上の方を対象としています。