糀あま酒の卵焼き・いかのぬた

2種類のあま酒で、手軽に作れる2品のおつまみ

今回は、真澄糀あま酒を使ったレシピです。あま酒はうまみ付けに大活躍。だし汁代わりのあま酒ぷれーんで、ふんわり柔らかい卵焼きが出来あがり。そして、あま酒るばーぶは、 味噌と合わせて手軽な酢みそに。ルバーブの甘味と酸味を活かしたレシピです。

材料 【 卵焼き 】 2~3人分

          
糀あま酒(ぷれーん)
大さじ3
          
3個
          
小さじ1/4
          
しょうゆ
小さじ1/2
          
サラダ油
適量
          
大根おろし・しょうゆ
お好みで適宜

材料 【 いかのぬた 】 4 人分

         
するめいか(又は冷凍ロールイカ 2 枚)
1杯
         
細ねぎ
1 束
         
生わかめ
80g
< 酢みそ >
糀あま酒(るばーぶ)
大さじ3
信州みそ
大さじ2
練り辛子
小さじ1/3
砂糖
お好みで適宜

    【 卵焼き 】

  1. ボウルに卵を入れて溶きほぐし、糀あま酒、塩、しょうゆを混ぜる。
  2. 卵焼き専用の四角いフライパンにサラダ油少量を温め、卵液1/4量を流して均一に広げ、表面が半熟のうちに手前に巻く。フライパンの奥に卵焼きを移動し、サラダ油少量を温め、卵液1/4量を流して広げ、焼いた卵焼きを芯にして手前に巻く。
    残りの卵液も同様にして焼く。
  3. 焼き上がったら木べらやフライ返しで形を整え、食べやすい大きさに切る。
    お好みで大根おろしを添え、しょうゆをかける。

    【 いかのぬた 】

  1. いかは皮をむき、エンペラは食べやすい大きさに、足は 2 本ずつ切り分ける。
    胴は内側から包丁を入れて 1 枚に開き、皮があった方に斜め格子の切り込みを入れ(松かさ切り)、一口大に切る。エンペラ、足、胴を熱湯でさっと茹でる。
    (冷凍ロールイカを使う時は、同様に松かさ切りをして一口大に切り、熱湯でさっと茹でる。)
    松かさ切りをすることで酢みそが絡みやすくなる。
  2. 細ねぎは3cm長さに切り、熱湯でさっと茹でる。わかめは2cm長さに切る。
  3. 酢みその材料を混ぜ合わせる。甘みがもう少し欲しい時は砂糖を加える。
  4. 器に具材を盛り、酢みそをかける。具材を酢みそで和えてから器に盛り付けてもよい。
合わせる酒

糀あま酒

米糀100%。アルコール分0%。米由来の自然な甘みと、粒の無いなめらかな口当たりが特徴です。

合わせる酒

糀あま酒

米糀100%。アルコール分0%。米由来の自然な甘みと、粒の無いなめらかな口当たりが特徴です。

新着レシピ

釜揚げしらすのそば粉ガレット

ゆず酒のさわやかな香りとビターな柑橘の苦みは、しらすの塩気にぴったり。

この料理のレシピを見る

ゆず酒

柚子果汁を自家製焼酎にブレンド。爽やか香りと程よい甘みを具えた逸品です。

えびの棒餃子

おうち時間におすすめ、家庭料理の棒餃子をうすにごりと。

この料理のレシピを見る

うすにごり

はじけるガス感とクリーミーな味わい。 生命力あふれる春の活性酒です。

糀あま酒の卵焼き・いかのぬた

2種類のあま酒で、手軽に作れる2品のおつまみ

この料理のレシピを見る

糀あま酒

米糀100%。アルコール分0%。米由来の自然な甘みと、粒の無いなめらかな口当たりが特徴です。

ホタテと市田柿のセビーチェ

魚介を酢やレモン果汁でマリネした、さっぱり味のごちそうレシピ

この料理のレシピを見る

真澄 スパークリング

壜内二次醗酵で醸した泡酒。 クリアな液体に宿った美しい泡、 洗練された味わいをお楽しみください。

きのこと鶏肉のクリーム煮 パイ包み焼き

家族で過ごす日にも、おもてなしにもぴったり。

この料理のレシピを見る

あらばしり

冬の到来を告げるしぼりたて生原酒。 鮮烈で迫力ある味わいをお楽しみください。

       

あなたは20歳以上ですか? このサイトはアルコール関連のページであり、20歳以上の方を対象としています。