秋野菜の酢豚

根菜ときのこが入った季節感のある定番料理

9月にご紹介するお料理は、秋の野菜をたっぷり使った「秋野菜の酢豚」です。野菜とお肉のおいしさがぎゅっと詰まった酢豚は食べ応えがあります。ほどよい酸味と熟成感がある「ひやおろし」との相性は抜群です。

材料(2人分)

肉の下味
(しょうゆ・酒…各こさじ1)
さつまいも
1/4本(100g)
れんこん
1/2節(100g)
しめじ
小1/2株(50g)
ピーマン
2個
揚げ油・片栗粉
各適量

合わせ調味料

ケチャップ・しょうゆ・酒
各大さじ1
砂糖・片栗粉
各小さじ2
鶏がらスープの素
小さじ1/2
150ml

  1. 豚肉はひと口大に切り、下味のしょうゆと酒をまぶして15分ほどおく。さつまいも、れんこんは厚さ1cmの半月切りにし、水に5分ほどさらしてアクを抜く。しめじは石づきをとる。ピーマンは乱切りにする。
  2. 豚肉の汁気を切り、片栗粉をまぶし、170~180℃に温めた油で2分ほど揚げて取り出す。油の温度を160℃に下げて、水気を拭き取ったさつまいもとれんこんを素揚げする。さつまいもに串をさし、火が通ったら取り出す。ピーマンはさっと素揚げする。
  3. フライパンに合わせ調味料を入れ、全体をよく溶いてから弱火にかける。木べらで全体を混ぜながらとろみがついたら、しめじを入れて火が通るまでさっと煮る。続けて豚肉と野菜を入れ、全体を軽く炒め合わせる。
合わせる酒

ひやおろし

山廃造りならではの複雑重厚な味わいは、滋味豊かな秋の料理と抜群の相性です。

合わせる酒

ひやおろし

山廃造りならではの複雑重厚な味わいは、滋味豊かな秋の料理と抜群の相性です。

新着レシピ

釜揚げしらすのそば粉ガレット

ゆず酒のさわやかな香りとビターな柑橘の苦みは、しらすの塩気にぴったり。

この料理のレシピを見る

ゆず酒

柚子果汁を自家製焼酎にブレンド。爽やか香りと程よい甘みを具えた逸品です。

えびの棒餃子

おうち時間におすすめ、家庭料理の棒餃子をうすにごりと。

この料理のレシピを見る

うすにごり

はじけるガス感とクリーミーな味わい。 生命力あふれる春の活性酒です。

糀あま酒の卵焼き・いかのぬた

2種類のあま酒で、手軽に作れる2品のおつまみ

この料理のレシピを見る

糀あま酒

米糀100%。アルコール分0%。米由来の自然な甘みと、粒の無いなめらかな口当たりが特徴です。

ホタテと市田柿のセビーチェ

魚介を酢やレモン果汁でマリネした、さっぱり味のごちそうレシピ

この料理のレシピを見る

真澄 スパークリング

壜内二次醗酵で醸した泡酒。 クリアな液体に宿った美しい泡、 洗練された味わいをお楽しみください。

きのこと鶏肉のクリーム煮 パイ包み焼き

家族で過ごす日にも、おもてなしにもぴったり。

この料理のレシピを見る

あらばしり

冬の到来を告げるしぼりたて生原酒。 鮮烈で迫力ある味わいをお楽しみください。

       

あなたは20歳以上ですか? このサイトはアルコール関連のページであり、20歳以上の方を対象としています。