牡蠣のグラタン

お酒と牡蠣の旨味たっぷり熱々グラタン

新年1月にご紹介するお料理は、牡蠣のグラタンです。 寒い季節にぴったりの熱々グラタンには『真澄 山廃 純米吟醸 真朱 AKA』がおすすめです。 今回はお料理にも日本酒を使い牡蠣を酒蒸しにして生臭さを消しています。 そして、お酒と牡蠣の旨味が出た蒸し汁もソースに加えて濃厚な仕上がりのひと皿です。

材料:4人分

牡蠣(加熱用)
16~20個(250~300g)
日本酒(銀撰真澄)
大さじ2
玉ねぎ
1/2個
しめじ
小1パック
ピザ用チーズ
60g
牛乳
500ml
バター
30g
小麦粉
40g
小さじ2/3
粗挽き黒こしょう
少々
パプリカパウダー
少々
パセリ(みじん切り)
適量

  1. ボウルに水をたっぷり入れて牡蠣をふり洗いする。水がきれいになるまで5~6回水を変えて洗い、ペーパータオルで水気をふき取る。玉ねぎは薄切りにする。しめじは石づきを取り小房に分ける。
  2. 小さなフライパン(または鍋)に牡蠣と日本酒を入れて中火にかける。蓋をして身がプリッとするまで酒蒸しにする。
  3. ソースを作る。鍋にバターを溶かし、玉ねぎをしんなりするまで炒める。小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒め
    たら、火を止めて冷たい牛乳を一度に注ぎ、小麦粉のダマがなくなるまで泡立て器で溶く。中火にかけ、とろみがつい て滑らかになるまで泡立て器で混ぜながら煮る。
  4. ソースにしめじと牡蠣の蒸し汁を加え、しめじが柔らかくなるまで煮たら火を止めて、牡蠣を混ぜ合わせる。
  5. 耐熱容器に入れてチーズを散らし、パプリカパウダーをふりかける。220℃に温めたオーブンで焼き色がつくまで8
    ~10分焼く。牡蠣は加熱しすぎると身が硬く縮むので、高温のオーブンで短時間に焼き上げる。
  6. 仕上げにパセリを散らす。
合わせる酒

真朱 AKA

山廃づくり。乳製品を想わせるほのかな香りと深みのある味わいが特徴です。

合わせる酒

真朱 AKA

山廃づくり。乳製品を想わせるほのかな香りと深みのある味わいが特徴です。

新着レシピ

金目鯛のちり蒸し

お酒と料理の旨みが重なり更に美味しく。

この料理のレシピを見る

茅色

あえて精米歩合を抑えた信州米で醸し、米のうま味を素直に表現しました。

ふろふき大根

寒くなり甘みと柔らかさが増してきた大根に信州味噌をかけて。

この料理のレシピを見る

ひやおろし

山廃造りならではの複雑重厚な味わい。滋味豊かな秋の料理と抜群の相性です。

梨とアボカドとチーズのサラダ

フルーツサラダでさっぱりと。

この料理のレシピを見る

山花

八ヶ岳に咲く可憐な花々をイメージして醸した作品。厳選した山田錦と七号系自社株酵母が生み出す落ち着いた佇まいは海外でも人気です。

夏野菜たっぷりのプルコギ

暑い日にはお肉と夏野菜をたっぷりと。

この料理のレシピを見る

SUMI

その名の通り癖のない澄みきった味わい。バニラを想わせる美しい香りが特徴です。

なすとトマトのグラタン

イタリアの定番、なすのグラタンを手軽なレシピで

この料理のレシピを見る

七號

私たちが生きる信州の風土を表現した作品です。原料米は長野県産のみ。七号系自社株酵母を用い伝統的な山廃づくりで醸しました。

       

あなたは20歳以上ですか? このサイトはアルコール関連のページであり、20歳以上の方を対象としています。