カジキマグロときのこのフリカッセ

フランスの家庭の煮込み料理

10月にご紹介するお料理は、フランス家庭料理のフリカッセ。 カジキマグロときのこをスープで煮込み、生クリームを加えて仕上げた濃厚なひと皿を 低アルコールで、ほどよい酸味と上品な甘さの「真澄 スパークリング Origarami」と一緒にどうぞ。 日本酒のスパークリングをぜひカジュアルにお楽しみください。

材料:2人分

カジキマグロ
2切れ
舞茸
1/2株(50g)
マッシュルーム
4個
玉ねぎ
1/4個
オリーブ油・白ワイン
各大さじ1
150ml
鶏がらスープの素
小さじ1/2
生クリーム
100ml
小さじ1/4
こしょう・小麦粉
各少々

<パセリのパスタ>

パスタ(フェットチーネ)
100g
パセリ(みじん切り)
大さじ3
無塩バター
10g
塩・こしょう
各少々

    ※フリカッセとはフランス家庭料理の白いソースの煮込み。肉や魚をスープで煮込み、仕上げに生クリームを加えて作る料理のこと。

    1. カジキマグロは塩少々(分量外)をふり、20分おく。水で洗い流し、キッチンペーパーで水気をふく(臭みを取る)。小麦粉をふり、余分な粉は軽くたたいて取りのぞく。
    2. 玉ねぎとマッシュルームは薄切りに、舞茸は小房に分ける。
    3. フライパンにオリーブ油を温め、カジキマグロを焼く。
    4. 焼き色がついたら裏返してフライパンの端に寄せ、玉ねぎ、マッシュルーム、舞茸を入れてしんなりするまで焼く。
    5. 白ワイン、水、鶏がらスープの素を入れ、蓋をして弱火で10分煮る。※水分が煮詰まって少なくなったら水を足す。
    6. 生クリームを入れて、蓋をかけずにとろみがつくまで弱火で10分ほど煮る。
    7. 塩、こしょうで味を調える。
    8. パスタをゆでて熱いうちにパセリ、バター、塩・こしょうで和える。
    9. 器にパスタとフリカッセを盛る。
合わせる酒

真澄 スパークリング Origarami

澱(おり)引き作業前のカジュアルな泡酒。程よい酸味と上品な甘さ、心地よい発泡感が人気の一本です。

合わせる酒

真澄 スパークリング Origarami

澱(おり)引き作業前のカジュアルな泡酒。程よい酸味と上品な甘さ、心地よい発泡感が人気の一本です。

新着レシピ

釜揚げしらすのそば粉ガレット

ゆず酒のさわやかな香りとビターな柑橘の苦みは、しらすの塩気にぴったり。

この料理のレシピを見る

ゆず酒

柚子果汁を自家製焼酎にブレンド。爽やか香りと程よい甘みを具えた逸品です。

えびの棒餃子

おうち時間におすすめ、家庭料理の棒餃子をうすにごりと。

この料理のレシピを見る

うすにごり

はじけるガス感とクリーミーな味わい。 生命力あふれる春の活性酒です。

糀あま酒の卵焼き・いかのぬた

2種類のあま酒で、手軽に作れる2品のおつまみ

この料理のレシピを見る

糀あま酒

米糀100%。アルコール分0%。米由来の自然な甘みと、粒の無いなめらかな口当たりが特徴です。

ホタテと市田柿のセビーチェ

魚介を酢やレモン果汁でマリネした、さっぱり味のごちそうレシピ

この料理のレシピを見る

真澄 スパークリング

壜内二次醗酵で醸した泡酒。 クリアな液体に宿った美しい泡、 洗練された味わいをお楽しみください。

きのこと鶏肉のクリーム煮 パイ包み焼き

家族で過ごす日にも、おもてなしにもぴったり。

この料理のレシピを見る

あらばしり

冬の到来を告げるしぼりたて生原酒。 鮮烈で迫力ある味わいをお楽しみください。

       

あなたは20歳以上ですか? このサイトはアルコール関連のページであり、20歳以上の方を対象としています。