きのこと鶏肉のクリーム煮 パイ包み焼き

家族で過ごす日にも、おもてなしにもぴったり。

手軽な冷凍パイシートを使って簡単に作れるクリスマスや年末年始に嬉しい華やかなメニュー。サクサクのパイ生地を崩しながらクリーミーで熱々のクリーム煮をよく冷えた「あらばしり」と一緒に召しあがれ!

材料:4人分 (250ml耐熱カップ4個分)

          
鶏もも肉
1 枚
マッシュルーム
8個
しめじ
小 1 株
玉ねぎ
1 個
バター
30g
小麦粉
50g
牛乳
800ml
小さじ2/3~1
          
こしょう
少々
         
冷凍パイシート
2枚(11×19cm)
         
卵(溶いておく)
1 個

  1. 鶏肉は好みで皮を取り、一口大に切る。マッシュルームは薄切り、しめじは小房に分ける。玉ねぎは1cm角に切る。
  2. フライパンにバター半量を溶かし、鶏肉を色が変わるまで炒める。
  3. 残りのバターを溶かし、玉ねぎを加えてしんなりするまで炒める。
  4. マッシュルームとしめじを加えてしんなりするまで炒める。
  5. 小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒める。
  6. 牛乳を加え、木べらで混ぜながらとろみがつくまで煮る。
    ※ 冷たい牛乳を一気に注ぎ、具材を低い温度から煮ると、小麦粉のダマができず均一にとろみがつく。
  7. 塩、こしょうで味を調え、カップに入れて冷蔵庫でしっかり冷やす。
    ※ クリーム煮が熱いとパイが溶けて、しっかり焼けず膨らみません。必ず冷やしておく。
  8. カップにパイシートがくっつきやすくなるように、カップの縁に溶き卵を塗る。
  9. パイシートを半分に切って 4 枚にし、カップよりも一回り大きくなるように麺棒でのばす。カップにパイシートを被せ、縁を手で押さえてよく貼り合わせる。表面にも溶き卵を塗り、火の通りを良くするため、真ん中に包丁で 3~4cmの切り込みを 3 本入れる。
  10. 200℃に温めたオーブンで15~25分焼く。途中で丁度良い焼き色がついたら、焦げないようにアルミ箔を被せ、パイシートが膨らむまでしっかり焼く。
合わせる酒

あらばしり

冬の到来を告げるしぼりたて生原酒。 鮮烈で迫力ある味わいをお楽しみください。

合わせる酒

あらばしり

冬の到来を告げるしぼりたて生原酒。 鮮烈で迫力ある味わいをお楽しみください。

新着レシピ

金目鯛のちり蒸し

お酒と料理の旨みが重なり更に美味しく。

この料理のレシピを見る

茅色

あえて精米歩合を抑えた信州米で醸し、米のうま味を素直に表現しました。

ふろふき大根

寒くなり甘みと柔らかさが増してきた大根に信州味噌をかけて。

この料理のレシピを見る

ひやおろし

山廃造りならではの複雑重厚な味わい。滋味豊かな秋の料理と抜群の相性です。

梨とアボカドとチーズのサラダ

フルーツサラダでさっぱりと。

この料理のレシピを見る

山花

八ヶ岳に咲く可憐な花々をイメージして醸した作品。厳選した山田錦と七号系自社株酵母が生み出す落ち着いた佇まいは海外でも人気です。

夏野菜たっぷりのプルコギ

暑い日にはお肉と夏野菜をたっぷりと。

この料理のレシピを見る

SUMI

その名の通り癖のない澄みきった味わい。バニラを想わせる美しい香りが特徴です。

なすとトマトのグラタン

イタリアの定番、なすのグラタンを手軽なレシピで

この料理のレシピを見る

七號

私たちが生きる信州の風土を表現した作品です。原料米は長野県産のみ。七号系自社株酵母を用い伝統的な山廃づくりで醸しました。

       

あなたは20歳以上ですか? このサイトはアルコール関連のページであり、20歳以上の方を対象としています。