TOP > 真澄 蔵元ホームページ > 季節の酒 > 2017年 純米吟醸うすにごり

季節の酒

純米吟醸うすにごり  

〜酉年のざれごと〜

酒蔵便り今年のテーマは鳥とした。学生時代「探鳥会」を「探島会(秘島探検クラブ)」と読み違え部室のドアを叩いてから一時“鳥見中毒”に罹った者として、酉年に他のお題はあり得ない。各地へ鳥行を重ねたあの頃、次第に自らの好みは渋い冬鳥だと悟った私の行き先は二月の北海道へと傾いた。目指すは根室半島・春国岱の畔の風露荘。カリスマ探鳥家・高田さんが営む宿だけあってここでの鳥見は夢の如くだったが、鳥以上に思い出深いのは夜な夜なの酒宴だ。地元の人々が持参する山海のゲテモノで呑むと手土産の真澄などすぐに空っぽ。酔っ払ってたいがい最後は雪原に寝転び星空を見上げるのが常だった。 ほのかな霞を残して壜詰めしたしぼりたて純米吟醸をグラスに注げばあの時の天の川が蘇る。

真澄蔵元
2017年早春

 


「純米吟醸うすにごり」商品のご案内