TOP > 真澄 蔵元ホームページ > 季節の酒 > 2009年 純米吟醸 山廃造り

季節の酒

yamahai20090912.jpg

さあ 呑んで話そう!

酒の詩というと李白を連ねてしまう浅学をお笑いください。しかし酒仙が紡いだ酒の詩はやはり秀逸。中でも「老春」蔵元の紀爺さんを悼んで詠んだ「紀叟黄泉裏 還應醸老春 夜台無李白 沽酒興何人」には泣かされます。我流の拙訳「あの世へ逝った紀爺さん あいも変わらず酒造り あの世に李白はいないのに 誰に老春売るのだろう」でユーモアの底にある深い悲しみが伝わるかは不安ですが、ともあれ大詩人に愛され万世にその名を残した紀爺さんは何ともうらやましい酒屋です。こんな僥倖にめぐり合う日を夢見つつ、私も淡々と美酒造りに励みましょう。さて、秋の酒「山廃造り」は古風な手法で醸し二夏の間じっくり完熟させた個性派。大振りなぐい飲みになみなみ注いで、さあ 呑んで話そう!(→山廃とは)

真澄蔵元・宮坂直孝

 

ゆっくり醸して じっくり熟成。

手間と時間のかかる昔風のやり方で仕込み、二夏の間じっくり寝かせて熟成させました。深いコクと微妙な酸味、キレの良い後味。秋の美味いものを引き立てます。

●標準的な小売価格(送料別・化粧箱なし・税込)

1800ml/3,119円 720ml/1,575円