TOP > 真澄 蔵元ホームページ > 会社概要 > ユニバーサルデザインへの取組み

ユニバーサルデザインへの取組み

2009年4月、「吟醸生酒」のボトルを点字入りのオリジナルデザイン壜に変更。
720mlは肩の部分、300mlは底の部分に「さけ」と入れました。
5月中旬以降、「生酒」以外のお酒の壜も、順次点字入りのものに切り替えていきます。
  20090409-10.jpg

真澄は2002年から大吟醸酒の化粧箱に点字の表示を始めました。
化粧箱のメーカーさんとともに試行錯誤を重ね、視覚障害者の方にも実際に試していただくなど、2年ほどの試作期間を経て、ようやく実現にこぎ着けました。

大吟醸酒の化粧箱のメーカーさん
パッケージランド ヤマハル

また、ギフトのアクリルケースにも点字表示を実現。
パック酒のキャップも点字付きのものを採用しています。

ギフトのアクリルケースのメーカーさん
ヤマニパッケージ

さらに、資材メーカーさんをはじめ多くの方々のご協力で、2006年からは大吟醸以外の化粧箱にも点字表示を開始。

大吟醸以外の化粧箱のメーカーさん
甲府大一実業 松本紙器工場

これからも真澄は小さな改良を積み重ね、人や環境にやさしい酒蔵を目指します。

■点字表示の例示

大吟醸化粧箱

さけ ますみ

だいぎんじょう

ゆめどの

パックのキャップ

おさけ